プリザーブドフラワーのデメリットについて

main-img

生花と同等の美しさとインテリアとしての面が強いため、プレゼントやギフトの品に人気があるプリザーブドフラワー。
しかし、そんなプリザーブドフラワーにもデメリットがいくつかあります。



まず一つ目のデメリットはコストが高いことです。

livedoorニュースの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

プリザーブドフラワーはその特殊な製作方法のために、どうしてもコストに負担がかかってしまいます。実際に同じ値段で生花のブーケとプリザーブドフラワーのブーケを注文した場合、生花のブーケは大きく、プリザーブドフラワーのブーケは小さくなることが多々あります。二つ目のデメリットはとても繊細なこと、あるいは劣化しやすいことです。

製作に使用される特殊な液体によって長期間の保存が可能となっていますが、その液体による影響で湿気や紫外線に弱くなっています。

具体的にいうなら紫外線を浴びたり湿気の高い場所に置いたりすると、花弁の欠損やひび割れ、透明化を招くのです。

ターゲットに応じたプリザーブドフラワー情報探しのサポートをいたします。

かといって乾燥も弱点であるため、エアコンやヒーターなど風が直接当たるような場所は避けるのは賢明です。また花弁に色をつけるための着色料によって色移りがしやすくなっている面もあります。この場合、服への色移りだけでなく、強い色の花弁から薄い色の花弁への色移りが懸念されます。
三つ目のデメリットは保管に手間がかかることです。

先述した弱点から花を守るには保管用のケースは必要不可欠です。


それに加えて置き場所にも配慮しなくてはいけない点は生花よりも手間がかかります。

解りやすい!

subpage1

プリザーブドフラワーにはさまざまなメリットがあります。例えば水を与える必要がないというところです。...

more

知っておきたい情報

subpage2

どうしても切り花は、長持ちしないと思いませんか。いろいろな方法である程度は長持ちさせることができますが、それでも短いと感じている人は、少なくないでしょう。...

more

造花についての考察

subpage3

生花を長く楽しむ方法の中にプリザーブドフラワーとドライフラワーがあります。まずドライフラワーは読んで字の如く、花を乾燥させて装飾等に使って楽しむのですがその方法として自然乾燥が一番簡単でポピュラーです。...

more

皆が知りたい情報

subpage4

結婚式のブーケや高価なギフトとして定評があるプリザーブドフラワーには様々なメリットがあります。まず真っ先に挙げられる一つ目のメリットは長期保存が可能であること。...

more